iDeCo

2019年 iDeCoの運用成績報告。

Jay@JChallengeblogです。

2019年からiDeCoを使って、個人年金を運用していますので、

ちょうど一年が経過した為、運用結果を報告したいと思います。

積立Nisa同様、2019年はマーケットが好調だった為、評価額も良いですね。

毎月限度額いっぱいの23,000円を、コツコツと買い続けていこうと思います。

金融商品を選んだ理由

今後の世界経済の状況の見通しは不明ですが、アメリカが世界のリーダーである事は、

今後も変わらないと信じているので、アメリカ株への投資をしています。

積立Nisaでは、楽天・全米株式インデックスファンド1本で運用しているので、

iDeCoでは分散目的として、先進国と新興国の株式ファンドに決めました。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス

先進国と言っても、アメリカが68%を占めており、イギリス6.4%、フランス4.2%と

続いています。政界の経済は繋がっているので、アメリカが不景気になれば、

世界不景気になると思います。アメリカにはこれからも頑張って欲しいですね。

信託報酬料は0.10615%と低い手数料が魅力ですね。

eMAXIS Slim新興国株式インデックス

そしてもう1本は、新興国です。アジアを中心に、中国が33%、韓国13%、

台湾11.3%、インド9.2%、ブラジル7.2%と続いています。

中国の伸びは鈍化していますが、まだ伸びしろはあると思いますし、

インドも含まれているので、長期では期待できますね。

信託報酬料は0.2079%と、許容範囲です。

まとめ

毎月限度額いっぱいを継続購入していきます。現状ではファンドは変更予定もなく、

株式100%で、60歳まで積立し運用を続けていきます。

2020年も好景気が続いてくれれば、良いのですが。。

ここまで読んでいただき、有難うございました。

Jay@JChallengeblog