マネー論

身の丈にあった支出を心掛ける

お金の使い方って性格がでるな~と感じた出来事です。

薄給で平均収入程度しかありませんので、ケチというかお金を使うのは

結構慎重なんです。そもそも物欲も少ないですし。

これは幼少期の親の教育のおかげだと思います。買いたい物も買ってもらえず、

我慢していた記憶がありますね。決して裕福でも貧乏な家庭でもなかったですが。

 

日々の生活で、タクシーなんかは乗りませんし、ジムは月謝が高いので自宅で筋トレ、

外食は控え自炊。自宅では麦茶か牛乳でジュースは飲まないし、ギャンブルや喫煙、

お金のかかる趣味も無し。女性関係はまるでダメ。

こうして書くと、いったい自分は何のために生きているのかって悲観的になりました。

しかしお金を使うところには使います。本、親の誕生日やイベントのプレゼント、友達との

会食、自己投資等。つまり自分が必要だと思う事(物)には惜しみなく使用しますし、

無駄だと思う事には、お金を使いたくないと感じる性格なんです。

 

今年の正月に友達数人と食事をしました。1人は経営者なんですが、

お金の使い方が荒いんですよね。自分のお金を使うのは良いんですが、

平社員とはお金の保有量が違いすぎるので、価値観が全く違うんですよ。

都内で合流して焼き肉店で食事。高級店なので、お肉も極上。

普段なら焼き肉店には行かないし、行ったとしてもチェーン店程度です。

お会計は1人8,000円程度でしたが、大満足でした!楽しい会話、お店の雰囲気、

美味しいお肉でこのお値段は全然有りです。

 

さて、食事が終わって次はどうするという事で、キャバクラに行く様な話をしています。

友達は女性が大好きで、必ずキャバクラに行くんですよ。去年も同じように食事後に、

アジア系のキャバクラと、日系のキャバクラのハシゴでした。

夜ご飯とお酒で3万円ほど飛んでいったのを覚えています。

3万円あれば、2,000円の本が15冊買え、両親とちょっと美味しいご飯やに行ったり、

ゼクシィの婚活3ヶ月分や、英会話Nova2.5ヶ月分に相当しますよ。

目的が親交を深めるなら、別の飲み屋で飲むとか、カフェでコーヒーを飲むとか

話をできる場所が出てくると思うんですよね。

しかし友達は女の子と交わるのが目的なので、キャバクラ一択となる訳です。

食事中に友達は別の日に、キャバクラで20万円も払ったと言っていたので、

痛い思いをしているんですが、それでも楽しいんでしょうね。

ちょっと金銭感覚が合わな過ぎて、付いていけないと感じてしまいました。

まあ、それだけ友達は支払うキャッシュが有るという事です。

結局、去年痛い出費をしたので、今年は丁重にお断りして帰宅しました。

支出と価値の天秤

 

勝手ですが価値 < 支出と判断した為です。

人の価値観を否定するつもりは無いですが、自分の価値観に合わない出費を

無理に合わせる必要はないと考えています。出費を抑え我慢したからこそ、

今の金融資産を築くことができたと思っています。もしお金があるからと、

欲望のままに支出を続けたら、ここまで資産を積み上げられなかったはず。

自分の判断は正しかったと理解しています。

 

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ABOUT ME
イトウ ヨシアキ
イトウ ヨシアキ
79年生まれ東京住みのアラフォー男性です。毎日必死に生きています。21年3月に安定した業界の営業職を退職。今は映像クリエーターとして活躍するために、次のステージに向けて準備中です。このブログでは映像制作、収入の複数化、お金、健康、趣味等の情報を発信しています。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yoshiakiito/challenge-blog.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199