資産運用

お金に働いてもらうという考え方

Jay@JChallengeblogです。

ウィルスの影響で4-6月の日本のGDPは年率27.8%も減って、戦後最大の下落度となりました。4月から都市封鎖されていたので、当然の落ち込みだと思うし、日本だけでなく世界中で同じことが起こってます。アメリカのQ2のGDPも32.9%減少してますしね。

7-9月は少しは回復しそうですが、感染拡大が続き自粛が増えているので、消費の拡大は限定的になりそうです。だってGo toキャンペーンは発動したけど、お盆の旅行や帰省は自粛してましたからね。

今朝のNewsで、医療が発達している現代で、コロナウィルスは2年で終息に向かうと発表ありましたが、どうなんでしょう。南半球はちょうど冬だし、北半球はこれから寒くなるから、混乱が続くイメージしかないですが。


日本でも関連倒産数も増えてきて、僕の身近の人も減給や失職のケースがでてきています。
会社の為に身を粉何して働き、会社に貢献してきたつもりだけど、会社の業績が落ちれば、減給や解雇となっていく時代です。

 

これからの時代をどう生きていくか。

 

これ、とっても重要な事ですよね。でも考えている人は少ないと思う。感覚だけど。
僕なりに色々考えてみて、2021年にはこんな事が起きてそう。

  1. 倒産増加
  2. 増税
  3. 給料は上がらない、むしろ減る
  4. 自動化が進む
  5. 自分で考えない人を搾取するブラック企業が増える
  6. 副業解禁
  7. 貧富の差がさらに開く

給料が減らされるけど増税され、可処分所得が激減。会社は面倒見れないので、副業解禁するから足らない分は自分で稼いでくださいというストーリー・・・。考えられますよね。

増税されるが、給料は大きく増えない

国は助成金や給付金を出動させて、企業や個人に対して現金の支給を始めました。
緊急事態だったので、仕方ないと思いますが、その財源が心配です。

1人10万円給付だけで総額12兆円となるし、この他に企業への補助金や助成金もあるので、総額でいくらになるんでしょう?

詳しく調べていないので憶測で話をしますが、財源が足らないので、徴収されます。つまり増税されるでしょうね。

我々の身近にある税金ですが、財源確保の為にちょくちょく増税されます。

  • 1989年 消費税3%
  • 1997年 消費税5%
  • 2014年 消費税8%
  • 2019年 消費税10%
  • たばこ税 いつもやってる
  • 介護保険料 40歳以上
  • 復興特別税 ~2037年

「感染対策特別税」とか名前を付けて、所得税とかに数パーセント課税される可能性もありそうです。

 

収入が増えて、増税ならまだ理解できますが、残念ながら収入減と増税と言うダブルパンチがさく裂しそうです。

2000年からの平均給与所得の推移ですが、リーマンショックのあった2009年は大きく下げていますね。2020年の平均値も大きく下げると思いますが・・。

それより気になったのが平均給料が増えてないという事。
収入は増えなくて税金ばかり増えるので、手元にお金が残らないの当然ですね。

 

国税庁のデータを基に作成

増税させられ、給料も減るなら対策はどうするべきか。
実はその答えは出ています。

収入を増やし(副業等)
支出を抑え (無駄使いNG)
運用利回りを上げる

つまり本業+副業で収入を増やし、無駄使いを辞めて、余剰金で資産運用するです。

資産運用はギャンブルではない

資産運用と聞くと、「株は危ない」、「大損する」といった声が多く聞こえます。特に我々の親世代はアンチが多く、「貯金しなさい」とよく言われました。

そもそも親の世代は株式投資をしなくても、銀行に預金を預けるだけで、資産を増やせる事ができたんです。

 

昔の郵便貯金の金利w

トヨタが無金利社債発行するみたいやけどこの時すごかったんやなw

 

昭和55年の郵便貯金の定期預金の金利ですが、10万円を定期預金に入れて、9年気絶していれば2倍の20万円になっています。元本保証で、株の様に損する可能性は無し。この状況が当たり前なら、わざわざリスクの株式投資をする必要が無いですね。

今の金利はどうでしょうか?
三菱UFJ銀行の大口定期(1,000万円以上)で年利0.002%となります。
1,000万円定期で運用して10年気絶しても、2,000円しか増えていません。

40年前に1,000万円を10年預けたら3,080万円になってました。

これからの時代、もう銀行預金でお金を増やす事はできない事は確かです。
増税×減給という時代ではお金は貯まらないと思う。そうなると、資産運用しなければ、
お金を増やす事が難しくなってきました。

これが当たり前の認識になります。もう一度言いますね。

資産運用はギャンブルではない。
令和の時代は、資産運用が当たり前になる。

Jay
Jay
株は怖いという考えは、株を知らないから不安なんです。今はSNSで情報を入手できますので、調べる事から初めてみませんか?

自分の代わりにお金にも働いてもらう

僕は資産運用を始めた時、株は怖いので絶対に買わないと勝手に決めつけていました。
リーマンショックで株価が大暴落したのを覚えていたので、株=ギャンブルと勝手に認識していましたが、資産運用の勉強を進める内に、資産運用するなら株は絶対必要と考えるようになりました。

株式を持つというのは、簡単に言うと自分の分身を作りその企業で働いて、給料(配当金や優待)を貰うという事。

NARUTOで言う、影分身の術です。
影分身同士でジャンケンをし術を解くと本体にその体験と経験値が蓄積されるという概念。

 

僕は友達から資産運用の相談を受けますが、皆さん株は怖いという考えから抜けられないんですね。知らないのにいきなり初めてもリスクがあるだけなので、先ずは勉強する事から始めましょうと伝えています。

  1. SNSで情報を集める
  2. 雑誌・本で学ぶ
  3. 資産運用している知人に聞く
  4. ネット証券口座を開設する
  5. 収入を増やし、支出を抑える

この辺りから初めれば良いと思います。

まとめ

今後の日本は増税と収入減のダブルパンチで、銀行預金だけでは資産を築くのは無理ゲーになってきています。

対策として、副業等で収入増やし、支出を抑えて、余剰金で資産運用をする事が考えられます。

株式を持つという事はギャンブルではなく、自分の分身が他の会社で働いて給料(配当金/優待)を貰うという考え方をすれば、初心者でも怖くは無いと思いますが、リスクはつきます。

まだ資産運用を始めていない方は、自分で考えて情報収集する事から初めてみましょう!

【株暴落チャンス】これから資産運用を始める方へJay@JChallengeblogです。 株式市場はすごい事になってます!ジェットコースターの様に急騰と暴落を繰り返し、 日経...

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ランキングに参加しています。良ければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村