マネー論

桐谷さんの株主優待を狙った投資法は金持ちの道楽だ

Jay@JChallengeblogです。

AERA dot.に個人投資家で有名な桐谷さんのインタビューが記載されていました。

内容は、株主優待を受けた方がいい本当の理由です。

こちらをクリックすると本文に移動します。

 

Jayは株主優待目的で、運用していないので全く参考にしていませんが、

個人的にあのキャラクターが好きなので、雑誌の対談やテレビ出演する時は、

見るようにしています。同じ独身なので・・・・。人生の先輩や(笑)

しかし桐谷さんのインタビューを読み取り、投資手法や考え方は違う事を

改めて認識しました。

桐谷さんって誰?

そもそも桐谷さんとは誰っ?という方もいると思います。

基プロ棋士7段、現在は株主優待目的に日本株を約1,000社保有する個人投資家で、

テレビで取り上げられて有名になった方です。ザイオンラインによると、

桐谷さんがブレイクする切っ掛けは、カンニング竹山さんの銭ナールへの出演で、

そこから笑っていいともや、月曜から夜更かしに出演する様になり、株の雑誌や証券会社の

対談、講演会など、幅広く活躍しています。そんな桐谷さんは億り人として、

株主優待を目的に株を保有し、日々の生活を優待だけで生活できているそうです。

株主優待に投資している理由は、過去の株取引が理由です。桐谷さんは84年に投資を

スタートし、バブルの時に大きく資産を増やせたが、リーマンショックで株価大暴落。

負けを取り戻すために、信用取引を始めるが東日本大震災で、更に大きく損失を抱えます。

一定額以上の損失が膨らむと、追証金を証券会社に払う必要があり、その工面で

相当苦労されています。その時に株主優待で食品、米、商品券が届き、それだけで

生活する事ができた事で、優待投資に切替たのが理由だと話されていました。

株主優待は儲かる投資法なのか

桐谷さん曰く、配当は大口投資家に有利で、株主優待は小口投資家の味方だそうです。

これを読んで、確かにその通りだ~と思いました。続けて、会社の業績が悪くなると、

真っ先に配当が減らされるのですが、株主優待の場合は多少業績が悪くても、

継続するケースが多いとの事です。加えて、株主優待は保有株数が多くても、

優待の差は少なく、最低単元の株を保有すれば良いので小口投資家に有利なんだとか。

また、企業によっては配当金+株主優待もあるので、両方を享受できるみたいです。

しかし注意が必要なのは、購入した価格より下がれば損失となりますが、

解決策として、最低単元の株を複数社保有し、リスクを分散させればOKとの事です。

また長期保有の株主を優遇している企業があり、最低単元保有でクオカード1,000円分、

2年以上で3,000円、3年以上で4,000円という具合に、保有年数が長いと

メリットになるケースもあるみたいですよ。

2019年桐谷さんの資産は10%増加

ザイオンラインによると、2019年の桐谷さんの資産は約10%増えたそうですが、

これを見たときに、たった10%しか増えていないのか、という印象でした。

Jayは2019年は15%資産が増えました。節約、配当金及び、株価上昇が主な理由です。

桐谷さんとJayでは運用額が10倍は違うと思いますが、リターンでは勝っています。

なぜか?それは投資している国、アセットクラスが違うからだと考えています。

2019年1月の日経平均株価は19,655からスタートし、2019年末は23,770円まで上昇。

日経平均株価のリターンは17.3%となりました。桐谷さんのリターンは平均を

大きく下回っていますね。株主優待目当ての投資だと、株価は基本大きく上向かないと

思います。

株主優待改悪時には株価暴落も

企業が赤字になったりすると、配当が減ったり、株主優待を維持できなくて、

改悪すると発表した場合、今まで受け取とっていた株主優待が減り、株価も下げるという

ダブルパンチを喰らう可能性があります。またザイオンラインによると、

株主優待を設定して日が浅い銘柄は、廃止・改悪の傾向にあると、

過去3年間で改悪した153銘柄を分析した結果だそうです。また自社製品ではなく、

クオカードや商品券などの金券は、簡単に改悪すると思いますので、

優待目的で投資する場合、配当金や優待内で決めず、業績を見極める必要がありますよ。

個人的には真似しない

桐谷さん部屋のイメージ

桐谷さんとJayでは投資方針が全く違うので、個人的に真似したいとは思いません。

ましてや、独り身で優待貰っても自分一人で使い切れなければ無駄になるし、

部屋が優待で溢れかえってしまい、上記の写真の様にごちゃごちゃになりますしね。

それに、優待改悪の場合は株価下落と共に、ダブルパンチも嫌です!

仮に1億円の現金があったら、J-Reit、インデックス株、日本株、アメリカ株、新興国株

国債に分散して、大きく負けない投資をすると思いますよ。

まあ他人様のお金なので、どうこう言う筋合いも無いので、勝手に思っています。

まとめ

桐谷さんの投資方針は金持ちの道楽だと考えていますので、Jayは真似しません。

資産を大きく伸ばしたいので、インデックス株とハイテクグロース株に集中しています。

仮に1億円持っていても、株主優待に集中して投資する事もないと思いますよ。

桐谷さんは株主優待で助けられた事もあり、それが良い成功体験として残っているのでは、

と思います。100人いれば100通りの投資方法があり、正解は無いので、

自分の投資手法を信じてこれからもコツコツと投資していきます。

ここまで読んでいただき、有難うございました。

Jay@JChallengeblog