資産運用

老後2,000万円問題の解決策について

2019年6月に世の中を激震させた、「老後2,000万円問題」。あれから6ヶ月経った今、メディアでも取り上げられる事は少なくなっていますが、あの当時はテレビ、ラジオ、雑誌等、あらゆるメディアがこぞっと取り上げて、国民不安を煽るかの様に語られていました。

これは金融庁が発表したのではなく、大学教授、弁護士、保険会社、資産運用会社が集まり、現状を踏まえた報告書を作成しています。2,000万円不足は、一般的なあるモデルケースで計算した仮の数字という考えられるので、万人がそれに当てはまるわけではありません。しかし多くの方がそれ、もしくはそれ以上のお金が必要だと思っています。

昨年の発表後に、この資料を読み込みましたが、老後に2,000万円不足が独り歩きしている気がしてなりません。この資料でまとめているのは、老後お金が足りません、どうしましょうか?ではないんです。現状を踏まえて、どうすべきかを示唆しています。

  • 長寿化に伴い、お金も増やす必要がある。
  • 2025年は団塊世代が75歳を超え、認知症有病率が上がると、認知能力が不足と判断された場合、顧客保護の観点から、金融サービスに一定の制限がかかる。
  • 2030年は団塊ジュニアが60歳を迎え、資産の取り崩しが始まる。
  • 今後のライフプランを「自分ごと」と捉えて、対応策を練らなければならない。
  • 個人によってマネープランは変わってくる。
  • 金融サービス提供者は、顧客本位で一緒に考えてサービスを提供する。
  • 税制面で優遇のあるNisaやiDeCoを使い、「分散」「長期」「積立」の資産運用をしよう。
  • このテーマについて国民の認識が更に深まっていく事を望んでいる。

つまり、金融サービス提供者に対して、高い手数料を狙ってるんじゃないという指摘と、我々個人も、老後のお金の問題を今から認識して、対策をしていこうと主張。そしてNisaとiDeCoを使うと、税制面で有利(金融サービス提供者の手数料も増える)なので、積極的に投資をしましょうと促す資料だと、Jayは認識しています。

個人的な見解ですが、現在40代の人は年金支給額が遅れる、退職金が満足に出ない、企業が黒字でも人員整理の対象となる、増税による可処分所得が減る事が今後20年で大いに考えられますので、老後2,000万円以上必要だろうと考えて、資産運用の他、収入の複数化に注力しています。

老後2,000万円不足の発端となった報告書はこちらです。
金融審議会 市場ワーキンググループ報告書 「高齢社会における資産形成・管理」参照。

投資を促す便利な資料として使われる

先日久しぶりに都内で友人と食事するために、待ち合わせで待っていたら、20代風のスーツを着た男性に声を掛けられ、老後2,000万円問題でアンケートを取りたいとの事でした。他の人の傾向が分かるかもと思ったのと、興味があったので快諾しました。

アンケートは5問程度で、年齢、年収、居住地の他に、老後2,000万円問題に対しての認識、対策方法、不動産投資への興味有無などでした。Jayは対策として「株式投資」、「iDeCo」、「Nisa」をしていると回答したら、こんなに意識高い人は100人に1人くらいとの事みたいです。

アンケートを聞いてきたのは不動産販売の会社が独自で調査し、不安を煽りながら不動産投資をして収入を得ましょうという、売り込みの為のアンケートだと理解したので、不動産投資はREITで十分と回答しておきました。最後にちゃっかり名前と連絡先を教えて欲しいというので、しっかりお断りしましたが。

結局、老後2,000万円問題がメディアに取り上げられて、不安を覚えた無実の一般市民に対して、不動産を購入させようという目的だったのですが、資産運用の知識が浅い方で、お金があるけど不安でどうしようと悩んでいる方は、騙されやすいのかなって少し心配になってます。

将来の不安を払拭する為に、今何をするべきか

今後も増税が続き給料が上がる見込みが少ない日本で、いかにして老後資金を貯めるか。
個人それぞれ違うので、確実な答えがあるわけではないが、10ヶ条を考えてみました。

  1. 資産運用の勉強
  2. iDeCoを始める
  3. 積立Nisa始める
  4. ふるさと納税
  5. 生命保険料控除
  6. 年収UP(転職、昇格、資格取得)
  7. 身の丈にあった生活の維持
  8. 副業をする
  9. 共働き
  10. 健康

大きく外れていないと思います。今年④と⑥にチャレンジしてみようかな。⑧についても現在検討中で、ある程度方向性か固まっているかなと。⑨はまず結婚相手を探す事から頑張ります(笑)

いきなり証券会社や銀行窓口に飛び込んで、株を買うのは一番NGです。先ずは本や雑誌で勉強する事から始めるのが良いと思います。

まとめ

日本では貧困化が進んでくると思うし、特に老後貧乏は相当辛いと思いますので、現在の40代以下の人は、他人事だと思わず、自分の状況を把握し対策を始めた方が賢明です。周りの友達が初めてないから、俺も/私も大丈夫という感覚ではいけません。自分事だと捉えて、将来を見る事が重要だと思います。①~⑩全てする必要はありません。家庭環境によって違いますので、参考にしてみてください。

2019年 積立NISAの運用成績報告。投資初心者の方、是非参考にしてください。2019年1月から始めた積立Nisaを無事に1年間積立続けられたので、 運用結果を報告いたします。16年からNisaデビューしてい...
2019年 iDeCoの運用成績報告。2019年からiDeCoを使って、個人年金を運用していますので、 ちょうど一年が経過した為、運用結果を報告したいと思います。 ...

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ABOUT ME
イトウ ヨシアキ
イトウ ヨシアキ
79年生まれ東京住みのアラフォー男性です。毎日必死に生きています。21年3月に安定した業界の営業職を退職。今は映像クリエーターとして活躍するために、次のステージに向けて準備中です。このブログでは映像制作、収入の複数化、お金、健康、趣味等の情報を発信しています。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yoshiakiito/challenge-blog.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199