積立Nisa

【2020年】 つみたてNISA運用成績報告

Jay@JChallengeblogです。

2019年からスタートした積立Nisaですが、2020年はコロナショックでも毎月コツコツと定額を購入していった結果、利益を出すことができました。

最近、株式市場は好調で資産運用を始めたい若い人が多いのか、会社の後輩から相談を受ける事も増えてきました。彼は20代で今後のサラリーマン人生を悲観して、資産運用を始めると相談受けた際に、2021年はつみたてNisaとNisa両方使って運用すると発言がありましたが、将来に向けて少しづつ勉強してるなと感心しています。

個人的には長期運用が可能なつみたてNisaをおすすめしておきました。
僕は2016年からNisaで運用していましたが、2019年からつみたてNisaに切り替えています。

それでは2020年の運用結果を報告したいと思います。
2021年につみたてNisaをスタートしたい方へ、役立つ情報になれば幸いです。

2020年の投資結果

毎月33,000円分を買い続けた結果、2020年も利益を出して終わる事ができました。
2年間で17万円程ですが、額面上では利益が出ています。

2020年積立Nisa運用結果

3月の暴落時以降も、機械的に購入できた事がパフォーマンスを押し上げた起因となっているので、毎月定額購入という仕組みは素晴らしいですね。

iDeCoの運用成績報告でも書きましたが、株価下落時に購入を躊躇したり、購入する事の不安な気持ちや迷いがあるのが人間ですが、その感情を取り除き、定期で定額を購入できる仕組みに感謝です。手動で購入してたら、絶対に3月暴落時には購入できてません。

やはり暴落時は売りではなく、買いが正解ですね。

投資銘柄

銘柄選定をする時、20年運用する事を前提に考えアメリカの発展は継続するだろうと思って選びました。中国の成長も見逃せませんが、世界の中心にはなれないと考えているからです。

資産運用は主にVOO(S&P500インデックス)を中心に購入しているから、VTIと同じ動きをするこのファンドを選びました。

  • 楽天・全米インデックスファンド

これならアメリカのほぼ全ての企業に投資できるので、アメリカの成長と共に株価上昇も期待できると思いますが、アメリカ寄りは否めません。

アメリカ経済が落ち込んだらどうすると言われるかもしれませんが、その時は他国も経済はダメージ受けていると思います。

つみたてNisaとNisaの違いは?

この二つの大きな違いは、投資額の上限、期間、対象商品です。
対象商品はつみたてNisaの場合、承認された150本程度のファンドの中から選ぶ事ができますが、通常のNisaの場合は個別銘柄やETFも対象となります。

積立Nisa Nisa
非課税投資額/年 40万円 120万円
非課税期間 最長5年 最長20年
対象商品 投資信託 株式、ETF、投資信託
購入方法 積立 通常、積立

 

20代の方は毎年120万円の資金捻出が難しい為、つみたてNisaを選ぶ方が多い気がします。それでも40万円ですから、意識しないと貯められないですよね。

ちなみにNisaの口座開設期限は2023年12月31日までで、そこから5年間の運用で2028年までが運用の期限となり、翌年から非課税口座から課税口座に移りますので、
これから始める20代の方は、やはりつみたてNisaがベストですね。

売却はいつでも可能

副業を育てるイメージ

iDeCoと違い60歳まで売却できない等の条件は無いので、いつでも売却して現金化が可能です。また一部を売却する事もできます。

長期で運用した方が株価も上がり、売却益を狙えるので基本は長期運用ですが、急遽資金が必要となった場合は、一部を売却するなど、臨機応変な対応も可能です。

仮に40歳からスタートして20年後の60歳で全てを売却して現金化しようと考えても、株式市場が上昇しているとは限らないですよね。その場合は、状況を見つつ一部を売却して現金化をするのが良いと思います。

僕はまだ17年運用があるので、まだ出口戦略は立てていませんが、55歳を前にして一部を現金化するかもしれません。その時の状況次第でしょうか。

Jay
Jay
iDeCoもつみたてNisaもアメリカ株を長期運用で毎月購入してれば、高い確率で元本割れは避けられるでしょう

ここまで読んでいただき、有難うございました。 ランキングに参加しています。良ければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村