積立Nisa

2019年 積立NISAの運用成績報告。投資初心者の方、是非参考にしてください。

2019年1月から始めた積立Nisaを無事に1年間積立続けられたので、

運用結果を報告いたします。16年からNisaデビューしていますが、

長期投資には積立Nisaの方が運用益が出ると判断し、19年に切り替えしています。

積立Nisa運用結果19年の積立Nisaの運用益ですが、市場が良かった事もあり、運用益は10%を超えました。

20年もこの調子で右肩上がりになれば良いですが、暴落が来ても平常心で

コツコツと積立ていきます。

NISA(ニーサ)とは?

NISAとは Nippon Individual Saving Accountの略で、イギリスの個人貯蓄口座を

モデルに2014年に運用をスタートした、個人投資家向けの節税優遇制度です。

年間120万円の非課税運用額を設け、株式や投資信託の配当金や売却益が

非課税となります。

その後、2016年にジュニアNISAとして、未成年者を対象とした少額投資非課税制度が

スタートし、年間80万円非課税運用枠で、株式、投資信託の配当金や売却益が

非課税で運用できるようになっています。

2018年になると、少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度である

積立NISAがスタートしました。購入できる金額は年間40万円まで、購入方法は

累積投資契約に基づく買付けに限られており、非課税期間は20年間であるほか、

購入可能な商品は、長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託に限られています。

NISA ジュニアNISA 積立NISA
非課税投資枠(年間) 120万円 80万円 40万円
非課税期間 最長5年 最長5年 最長20年
投資可能期間 2014年~2023年 2016年~2023年 2018年~2037年
対象品 株式、投資信託他 株式、投資信託他 対象の積立投資のみ

詳細はこちらをご確認ください。金融庁のホームページに移動します。

利用者推移

金融庁のホームページで、四半期ごとに開設状況と加入者数を開示しています。

19年6月末時点 13,089,411口座

19年9月末時点 13,407,221口座

317,810口座増加

参照データ:Nisa&ジュニアNisa利用状況調査

6月末と9月末の比較ですが、微増です。

19年6月に市場ワーキンググループが報告した、いわゆる「老後2000万不足問題」ですが

ワイドショーも取り上げ、大きな注目を集めました。

しかし加入者数は大して増えてない事が、このデータで見て取れます。

問題としては認識しているが、1つの解決策として、

Nisaを活用する事を理解している人は少ないのかな。

特に積立Nisaは非課税期間が2037年まで使えるので、長期投資の最適解となります。

なぜNisaから積立Nisaへ切り替えたのか?

本格的に資産運用を始めた2016年にはNisaしか無かったのですが、

18年に積立Nisaがスタートする事を知り、楽天全米株式インデックスファンド目的で

乗り換えました。またNisaって実は中級者・上級者向けなんですよね。

運用期限も短く、個別銘柄を選べるので、短期での売買が中心だからです。

また、資産運用をしているのは、自分年金を作る事が目的の一つの為、

20年運用できれば、負ける可能性は少ないと考え、積立Nisaに乗り換えました。

まとめ

19年は市場が好調だった為、積立Nisaであれば多くの方が利益を出せた環境でした。

重要なのは単年の成績では無く、20年後の運用成績となるので、

20年がマイナス成長だったとしても、毎月コツコツと買い増す事にしています。

まだNisaの口座が無い方は、2020年に始めてみてはどうでしょうか。

ここまで読んでいただき、有難うございました。

 

ABOUT ME
イトウ ヨシアキ
イトウ ヨシアキ
79年生まれ東京住みのアラフォー男性です。毎日必死に生きています。21年3月に安定した業界の営業職を退職。今は映像クリエーターとして活躍するために、次のステージに向けて準備中です。このブログでは映像制作、収入の複数化、お金、健康、趣味等の情報を発信しています。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yoshiakiito/challenge-blog.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199