動画編集

【景気後退に備える】収入の複数化に向けて動画編集のスキルを学ぶ事にした

Jay@JChallengeblogです。

コロナウィルスの感染が世界中に蔓延して世界経済が不安定になり始めました。

コロナ関連の倒産件数が20年3月末時点で12件まで増えていますが、

今後さらに倒産件数は増える事は間違いありません。(東京商工リサーチ)

飲食業、観光業が主に大打撃を受けていますが、大手ゼネコンも自粛要請を受けて

工事の中止を表明していますので、収入の低下や失注を受けて益々不景気になりますね。

20年の世界経済の見通しがIMFから発表され、世界経済の見通し(WEO)

全世界的に低成長及びマイナス成長になる見通しが出されています。

21年には経済の回復が見込まれていますが、現場どうなるか不透明ですよね。

今後の事は予測できませんが、今できる事を全力で進めてみよう!

コロナウィルスが落ち着いて、景気回復に向けて準備を進める事はできるはず。

僕にとってその答えは、解雇されたり本業の収入が減っても自分で稼ぐ力を養う事

だと思っています。

Adobeの動画編集に行き着いた

昨年末から転職活動をしていましたが、コロナウィルスでの不景気到来を察知し、

2月末で転職活動は中止しました。これは景気/不景気に関係なく、

自分が市場に求められていない事と向き合いました。アラフォー、スキル無しでは

転職も難しい・・・このままでは知識やスキルなど何にも無いオジサンが出来上がるだけ。

現実逃避せず向き合いました。(久しぶりに自分と向き合った)

また今の仕事が営業ですが、これを定年まで続ける事が苦痛なんです。

営業の仕事が合わないと思っているし、人生の折り返し地点に差し掛かっているので、

第二の人生を生きる為に、全く新しい事で将来性があり興味ある分野を突き詰めると、

「動画編集」が最適なのかな〜っという感じで方向性を出しました!

Adobeの動画編集にはPremiere ProとAfter Effectsというソフトがあるので、

これらを重点的に学んでいく事に決めました!

動画編集という仕事に興味を持った理由

動画編集に興味を持った一番の理由は将来性がある事です。

  1. 5Gがスタート
  2. 広告業界がテキストから動画に移行
  3. 動画編集が自分のスキルとして強みになる
  4. PCで仕事ができる有料ソフトが必要で参入障壁がある
    これからの将来はどうなるか見通せませんが、テクノロジーの発達は間違いなく、
    それに伴い広告がテキストから動画になり、TVや新聞の広告費が落ち、
    Youtubeやブログ、街にあるデジタルサイネージの需要が増える事は想像できます。
    これらが今後も増えると考えると、動画を編集するスキルは必要だと考えています。

どうやってスキルを学ぶのか

独学で学ぶのとスクールに通う事で迷っています。

独学で学ぶならYoutubeや参考書を使うので、コストが抑えられますね。

しかし全くの初心者で学べるのか、最後まで続けられるかが心配です。

スクールで学ぶ場合は、基本オンライン学習となります。繰り返し学習動画を見れますが、

独学と比較すると高額になるケースが多いです。スクールで調べると4件出てきました。

独学で学ぶとモチベーション維持が難しい気がします。

スクールは高額ですので、怠ける事も無いかもしれませんね。

Udemyは定期的に大幅値下げをしているので、先ずはUdemyで基礎を学んでから、

オンラインスクールに通うのが効率的かもしれない。

2020年の目標を定める

まだ動画編集さえもスタートできていませんが、とりあえず今年の目標として、

20年末までに動画編集の副業で総額3万円を稼ぐと設定してみました。

目標クリアできるか分かりませんが、目的地を失わないための座標と考えます。

手段として平日は2時間、週末は5時間向き合い

SNSで自分の作品を公表していきたいと考えています。

Jay
Jay
動画編集のスキルは1日で上達しないから、努力を継続する力が必要かな

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ランキングに参加しています。良ければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村