仕事論

【Stay Hungry Stay Foolish】 スティーブ・ジョブズのスピーチから学んだ事4選

アップルの創始者 スティーブ・ジョブズが亡くなって8年半が過ぎようとしています。
数々の名言を残したジョブズですが、一番有名なのは2005年のスタンフォード大学卒業式でのStay Hungry Stay Foolish(ハングリーであれ、愚か者であり)でしょうか。

このスピーチは有名ですよね。You tubeで検索すれば日本語訳付きもあったり、
ブログで多くの方が紹介しています。

この有名な言葉は聞いた事あるかもしれませんが、実はこのスピーチは3つのストーリーで構成されています。ジョブス自身が人生から得た話をしているんですが、自分の生き方を考えさせてくれる、神スピーチです!

まだ見ていない方はこの講演をお聞きください。14:30の演説ですが、
日本語訳がついているので、分かりやすいと思います。

 

どうでしたか?何か考えされたんではないでしょうか?

この演説は3つのストーリからなっています。

  1. 点を繋げるということ
  2. 愛と喪失
  3. 死について

年初から新しい事を始めています。ブログ開始や副業に向けた取り組み、
転職に向けた活動強化、生活環境の変化等。2020年は人生の転換期だと思っていて、
改めてこのスピーチから個人的に感銘を受けた4つの事を書いてみました。

4:51~ 今している事を信じて進み自信を持つ

Again, you can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future. You have to trust in something — your gut, destiny, life, karma, whatever. This approach has never let me down, and it has made all the difference in my life. Because believing the dots will connect down the road, it gives you confidence to follow your heart; even it leads you off the well-worn path. And that will make all the difference.

将来を見据えて点と点を繋げることはできません。過去を振り返った時に、点と点の繋がりに気づくのです。今行っている事が、将来に繋がる事を信じてください。そして今できることは、今している事(点)が将来繋がる事を信じて前に進むだけです。根性、運命、人生、カルマ何でも良いんです。今している事(点)がどこかで繋がると信じていれば、他の人と違う道を歩いても、自信を持って歩き続けられるからです。

 

自分の過去を見直しても、現在と点で繋がっている事は見えないのが正直なところ。
15年近く営業一筋で働いてきましたが、過去の点がまだ足りないのかもしれない。

例えば、今後フリーランスで働くとなった場合、自分で仕事を取りに行く必要があるかもしれないけど、その時に営業の経験が生きる可能性があるのかな。
営業に必要なコミュニケーションスキルや交渉力・・・。今は大して気にしてないけど、
もしかしたら、この点が繋がる可能性があるかもと信じて、今は本業を頑張ります!

7:56~ 現状に満足せず好きな事を探し続けよう

Sometimes life hits you in the head with a brick. Don’t lose faith. I’m convinced that the only thing that kept me going was that I loved what I did. You’ve got to find what you love. And that is as true for your work as it is for your lovers. Your work is going to fill a large part of your life, and the only way to be truly satisfied is to do what you believe is great work. And the only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle. As with all matters of the heart, you’ll know when you find it. And, like any great relationship, it just gets better and better as the years roll on. So keep looking until you find it. Don’t settle.

時に人生はあなたの頭をレンガで叩くことがありますが、信念を失わないで欲しい。私が続けられたのは、自分が進んできたこの仕事が好きだったからだと確信しています。なので皆さんも自分の好きな事を見つけてください。これは仕事でも恋愛でも言える事です。仕事は皆さんの人生の大部分を占めるでしょう。それに満足したければ、その仕事を好きになり最高だと思う事です。そして最高の仕事をするには、その仕事を愛しましょう。
もしまだその仕事を見つからなければ、探し続けてください。現状に満足してはいけません。あなたの心は分かっています。良い人間関係の様に、長く付き合うことで心地良くなっていきます。だから探し続けてください。現状に満足しない事です。

 

2つ目のストーリで一番心に残っているのは、人生の中で仕事が大半を占めるから、好きな事を見つかるまで「現状に満足せずに探し続けよう」です。

人間は私も含め弱く、変化を嫌うと思うんですよ。特に仕事を変えたりすると、
これまでの人間関係や会社内の評価を、新しい組織で一から作り直す作業が必要ですね。
新しい環境下では慣れなかったり、合わなかったりする事もあり、変化を決断した自分を責めたり、後悔したりするのが怖いのが本質だと思うんです。

これまで自分は営業職で社会人をスタートさせたので、営業職で転職を続けてきましたが、
営業の仕事が好きかと言われたら、「嫌い」と秒速で回答できます。

今の自分や人生を満足できず、営業の成績も悪いのは、嫌いな事/苦手な事を続けているから。アラフォーだし、営業しか経験ないから他の仕事が無いと愚痴を言うのではなく、自分が好きな事/得意な事を探し、それを仕事にしていくのが最適ではと、改めて考えるようになりました。

8:53~ 人生最後の日に今の仕事に満足してないなら何かを変えるべき

When I was 17, I read a quote that went something like: “If you live each day as if it was your last, someday you’ll most certainly be right.” It made an impression on me, and since then, for the past 33 years, I have looked in the mirror every morning and asked myself: “If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?” And whenever the answer has been “No” for too many days in a row, I know I need to change something.

私が17歳の時、こんな言葉に出会いました。「毎日、人生最後の日だと思って生きよう。いつかその日が来るから」。33年間その言葉に感銘を受けてきました。そして毎朝鏡の前で自身に問います。「今日が人生最後の日だったら、今日本当にするべき事をするか?答えが何日もNOが続くなら、何かを変える必要があると気づきます。

鏡の自分に問う姿。絵になりますよね。25年前の映画、クールランニングを思い出します。自信の無い選手に対し、トイレの鏡の前に立たせ、「お前には何が見える?」と
他の選手が問いただしているんです。

セリフは覚えていないんですが、弱気な選手に対し、他の選手は「誇りを持て」「プライドだ」とか前向きな言葉を掛け、奮い立たせていました。

鏡の自分に対して、「今の仕事は本当にしたい事なのか?」と問いただしたら、
秒で「No」でした!少し食い込み気味で秒で答えが出たので、
明日も、1ヶ月後も、1年後も同じだと思います!

鏡の自分は頼りない顔つきでした。やはり今の仕事は自分の進むべき方向性ではないと、
改めて教えてくれました。

12:16~ 他人の人生を生きず、自分のしたい事を進め

Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s life. Don’t be trapped by dogma — which is living with the results of other people’s thinking. Don’t let the noise of others’ opinions drown out your own inner voice. And most important, have the courage to follow your heart and intuition. They somehow already know what you truly want to become. Everything else is secondary.

人生は限られているので、大切な自分の時間を他人の人生を歩む事に使わないで欲しいし、ドグマ(独断・偏見や意見)に陥らないでも欲しい。他人の声に惑わされてはいけません。自分の内なる声を信じてください。そして一番重要なのは、自分の心と直感に従う勇気を持つことです。あなたの内なる声は何をしたいのか、何になりたいのかを知っているはずです。それ以外は二の次で良いのです。

演説の中で、一番大切だと考えさせられたフレーズが、大切な自分の時間を他人の人生を歩む事に使わないで欲しいです。

資本主義の仕組みを理解し労働者として頑張っても、お給料は上がらない事実を知っているなら、この言葉は腑に落ちると思います。

サラリーマンなんて資本家の人生を彩らせるための道具に過ぎないんですよ。
当社でいうと、創業一族を裕福にさせる為に、身を粉にし自分の大切な時間を切り売りし、
何とか1ヶ月生活できるお給料をいただけて、また来月もその繰り返し・・・。

独立のために、スキルや人脈を得るために目標を持ってサラリーマンをするならOKですが、そうじゃなくまた自分の苦手/嫌いな仕事をしているなら、それは他人の人生を生きている事。あなたが自分の人生を歩まなければ、誰があなたの人生を歩むのか?

自分の心の声を聴き進むべき方向性を導き出し、それに従う勇気。自分のやりたい事は出るけど、それに従う勇気は簡単じゃない。独身ならまだしも、家庭を持っていたら、
安定を望むと思う。

しかし私は独身。

自分の内なる声に従い、自分の人生を進みたい方向性に向ける事ができます。
収入が減るや不安定といったリスクを冒してでも、自分の内なる声(本音)に向き合い、
進んでいくべきだと。

まとめ

15年前の卒業式でのスピーチですが、2020年でも色褪せず、心に残るメッセージです。
スティーブ・ジョブズの演説の内容をまとめると、こんな感じでしょうか。

人生は限られている。仕事は人生の多くを占めるから、今の仕事が好きじゃなければ、好きな仕事を探してみよう!そして今の仕事に落ち着かず、新しい事にも挑戦しませんか?

人生に迷っているJayには、大きな影響を与えてくれました。

 

ここまで読んでいただき、有難うございました。

ランキングに参加しています。良ければクリックをお願いいたします。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

にほんブログ村 恋愛ブログ 40代男性 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村

ABOUT ME
イトウ ヨシアキ
イトウ ヨシアキ
79年生まれ東京住みのアラフォー男性です。毎日必死に生きています。21年3月に安定した業界の営業職を退職。今は映像クリエーターとして活躍するために、次のステージに向けて準備中です。このブログでは映像制作、収入の複数化、お金、健康、趣味等の情報を発信しています。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yoshiakiito/challenge-blog.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199