資産運用

【悲報】コロナウィルスの猛威は米国株の下落の始まりなのか

コロナウィルスの猛威が続き、終息が見えない状況です。

24日もイランで4名が亡くなり、同国ではウィルス感染による死者数が

12名まで増えています。イタリアでも5名が亡くなり、感染者は214名となってます。

日本でもこの3連休で感染者が膨張しているのがニュースで流れてますよね。

この感染者増加トレンドは日本だけでなく、世界中に広まりつつあります。

 

2月24日のアメリカ株は、時間外で既に-800ドル (-2.80%)売られていました。

因みに、ゴールド(金は)1.7%上昇しています。(24日 日本時間23時)

CNBCのトップページでは、2,500名が亡くなり世界の株価が急落という

見出しが出てたり、イタリアではコロナウィルスの影響で、街、学校、サッカーの試合も

休止となり、イタリアの株式市場でも5.0%の暴落とこちらも速報が出ていました。

2月24日は日本は祝日の為、今夜のアメリカ株の下げを受けて、25日の日系平均株は

確実に暴落するでしょうね。

CNBCより抜粋:https://www.cnbc.com/world/?region=worldCNBCトップページ

個人投資家は、どうすべきか迷っている方は多いと思います。

逆にプロの投資家はどうするのかと思うかもしれません。

タイミング良く24日の取引前にCNBCのインタビューに、ウォーレン・バフェットが

出演していました。ざっくりの翻訳です。

24日にコロナウィルスのニュースを聞いて、売っても買ってもいけない。

ニュースの見出しで、株価が高いか安いか分からないから。

感染者が世界的に増えているが、それが個人投資家のポートフォリオに

何ら影響を与えるわけではない。将来的な株安は我々にとっては歓迎する事。

 

アメリカ株投資家はどうすべきでしょうか。バフェットの言う通りで、

狼狽売りをせず、じっと耐えるが最適解になると思います。

一時的に株安になるが、株価は戻ってくると思います。

source:https://www.cnbc.com/2020/02/24/warren-buffet-interview-live-updates.html

 

ダウ平均株価

日本時間3:00の時点で、ダウ平均は-1,045ドル(-3.6%)

この影響を受けて、今日の日系平均株価はボコボコに売られるでしょうね。

あえて予想をすると、終値で22,216とし、-1,170円(-5.0%)でしょうか。

 

不思議なのは、なんでこの時期に株価が下がったのかです。

恐らく機関投資家はコロナウィルスの猛威を低く見積もっていて、

世界的には蔓延したいだろうと考えていたんですが、世界規模で死者が増えてきたので、

感染者が増えているから売りに走っているんだと思います。

アメリカから見ると、発信源の中国湖北省はアメリカ本土から遠いですしね。

 

ここまで読んでいただき、有難うございました。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ABOUT ME
イトウ ヨシアキ
イトウ ヨシアキ
79年生まれ東京住みのアラフォー男性です。毎日必死に生きています。21年3月に安定した業界の営業職を退職。今は映像クリエーターとして活躍するために、次のステージに向けて準備中です。このブログでは映像制作、収入の複数化、お金、健康、趣味等の情報を発信しています。

Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/yoshiakiito/challenge-blog.com/public_html/wp-content/themes/jin/include/breadcrumb.php on line 199